7月におすすめの花!暑い夏でも切り花をもたせて楽しむコツ。

こんにちは。

花好きエルマ(@ermaflower.9)です。

今日のテーマは7月に

おすすめの花!

暑い夏のお悩みといえば

どうにもこうにも

花がもたない。すぐ萎れる。

ですが

諦めてはなりません!

夏になんて負けるな!!

と、いうことで

私のおすすめの花やもたせるコツを

ご紹介していきます(°▽°)



スポンサーリンク



夏に切り花がもたない理由

そもそも

なぜ夏は切り花がもたないのでしょうか?

考えられる原因は…

①暑いと花の呼吸が早くなる。
(寿命を早めている)

②クーラーの風が苦手。
(乾燥で花の水分がなくなる)

③水にバクテリアが繁殖しやすい。

だと思います。

よって、

直射日光を避けて(①)、

クーラーの風が

当たらないところに置いて(②)、

毎日水替えをすること(③)が

最も効果的です。

水替えのときは

切り戻し(茎の先端をきる)を

お忘れなく!

これだけで、

花のもちは変わってきます。


7月におすすめの花

ラン系

写真は最近我が家にいた

「バンダ」という品種です。

【バンダの飾り方】切り花を長く楽しむコツ:エルマの花図鑑


他には「デンファレ」「モカラ」

「コチョウラン」

「シンビジウム」などがあります。

1本の茎に数個花がついているので

痛んできたら摘んでいきましょう。

摘んだお花は水に浮かべて

楽しむこともできます^^

ランは夏でも比較的

花持ちのいい花です。



スポンサーリンク



アンスリウム(アンスリューム)

南国感漂う花といえばこの子です。

【アンスリウムの飾り方】切り花を長く楽しむコツ:エルマの花図鑑

花に見えるのは

「苞」という部分で

花は中央の尾のような部分です。

花持ちも大変良く

夏気分も味わえます♪


クルクマ

こちらも南国感溢れるお方。

まっすぐの茎に

少し透明感のある色合いが

他の花にはない

魅力を感じます。

開花期は初夏から秋口なので

旬の花でもあります!

クルクマのお水が飲みたくて必死なベイビー。




ドウダンツツジ

スタイリッシュなインテリアで人気のインスタグラマーsaoriさん(@saori.style
おしゃれな飾り方が参考になります!

おしゃれな人の部屋には

必ずといっていいほど

置いてあるドウダンツツジ。

勝手な統計ですみません。

そんなイメージを持つくらい

夏に人気の高い枝物です!

持ちが良くディスプレイにも

使われたりします。

普段は花を飾っているけど

夏はもたないからドウダンツツジ!

という方も多いのでは(°▽°)



スポンサーリンク



トルコキキョウ

白いトルコキキョウはエレガントで涼しげです。
可愛らしい印象♪名付けてキキララカラー。

通年出回っている

人気の高い花ですが

実はこの時期が旬なのです。

華やかで花持ちも悪くないため

アレンジメントでも重宝されます。

八重咲きのトルコキキョウは

バラに負けない豪華さです!



オリエンタルリリー

美しい〜。昔ユリって名前に憧れてました。

さすが百合様です。

通年出回っていますが

初夏〜夏が旬の花。

花持ちのいい花の代表格です。

蕾の状態でお迎えすれば

長く楽しむことができます♪

花姿も香りもたまりません〜。


ひまわり(向日葵)

全力の夏感。逆に夏以外はあまり飾らないかも?

夏の季語でもあるひまわり。

夏といえばひまわり!と

いう方は多いのではないでしょうか。

【ひまわりの飾り方】切り花を長く楽しむコツ:エルマの花図鑑

夏の花なんだから暑くても大丈夫!

というわけでもないのです(°▽°)

ひまわりも7、8月の暑さは辛い。

そのため花持ちがすごくいい!とは

いえませんが、

見てるだけで夏を感じられる花は

やはりひまわりが断トツでは

ないでしょうか^^



スポンサーリンク



まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回あげた以外にも

エリンジウムやルリタマアザミや

グラジオラスやグロリオサあたりも

おすすめです。

最後にいっぱい出しちゃった…。

では皆さま

7月もお花を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました