フリチラリアの花言葉とは?皇帝の王冠の名付けられた威厳を感じる花

フリチラリアの花言葉とは?

フリチラリア・インペリアリスの画像

フリチラリア・インペリアリス

エルマ
エルマ

フリチラリアの花言葉は次の6つです。

■フリチラリアの花言葉
・天上の愛
・人を喜ばせる
・威厳
・王の威厳
・才能
・型にはまった愛
ベイビー
ベイビー

すごい花言葉ばかりですね!残念ながら明確な花言葉の由来はわかっていません。

エルマ
エルマ

フリチラリアは英語で「Crown imperial(クラウン インペリアル)」と言い、訳すと「皇帝の王冠」となります。「威厳」などの花言葉は英名から連想されたのかもしれません。

スポンサーリンク



フリチラリアの基本情報まとめ

フリチラリア・インペリアリスの画像

フリチラリア・インペリアリス

学名Fritillaria imperialis
英名Crown Imperial
和名瓔珞百合(ヨウラクユリ)
別名・王冠百合(オウカンユリ)
・フリチラリア
・フリチラリアインペリアリス
ユリ科
バイモ属(フリチラリア属)
花色赤色黄色オレンジ色など
原産地・西アジア
・インド
開花時期3月〜6月
誕生花5月4日

バイモ属(フリチラリア属)は、世界で80種類ほど栽培されている球根植物です。本属にはクロユリやバイモなどがありたくさんの種類がありますが、一般的にフリチラリアの名前で流通しているのは「Fritillaria imperialis(フリチラリア・インペリアリス)」という品種です。赤や黄色、オレンジ色の王冠のような形の花を1メートルほど伸びた茎の先に咲かせます。耐寒性があり、霜が降りても痛まずに丈夫な植物です。ユニークな花姿と鮮やかな花色でインパクトがあり、独特な香りを放ちます。

和名の「瓔珞百合(ヨウラクユリ)」は、花が仏具の瓔珞に見えることから名付けられました。英語名は花姿を王冠にたとえて「Crown imperial(クラウン インペリアル)」と呼びます。学名の小種名「imperialis(インペリアリス)」は「帝王の」という意味をもち、バイモ属で優れていることを意味しています。

瓔珞(ヨウラク)の画像はこちら↓

Wikipediaから引用した瓔珞(ヨウラク)の画像

画像出典:Wikipedia

ベイビー
ベイビー

インペリアリスの他に「Fritillaria persica(フリチラリア・ペルシカ)」や「Fritillaria meleagris(フリチラリア・メレアグリス)」もガーデン用として人気があります。

フリチラリア・メレアグリスの画像

フリチラリア・メレアグリス

エルマ
エルマ

日本ではバイモ属の植物だとクロユリやバイモの方が茶花などで馴染みがありそうですね!

エルマ
エルマ

どの花も釣鐘状の花が下向きに咲いています。同属で花姿も似ていますが花言葉はそれぞれ違うものがつけられています。

クロユリの花言葉はこちら↓

クロユリ(黒百合)の怖い花言葉とは?復讐から名付けられた由来や意味を解説!
黄色い花粉と黒い花びらのコントラストが美しいクロユリ(黒百合)ですが、花言葉には復讐など怖い意味がつけられています。花言葉の由来は3つあり「花の特徴」「黒百合伝説」「アイヌ民族の言い伝え」からつけられたと言われています。

バイモの花言葉はこちら↓

バイモの花言葉とは?落ち着いた花色のしたたかにうつむく花
春になるとうつむき気味に淡い黄緑色の花を咲かせるバイモ。花びらの内側に網目模様があることから「アミガサユリ」の別名を持ち、同属にはクロユリやコバイモなどがあります。本記事ではバイモの花言葉や基本情報についてまとめました。

スポンサーリンク




まとめ

エルマ
エルマ

「皇帝の王冠」と呼ばれるのにふさわしいかっこいい花言葉でしたね!

ベイビー
ベイビー

他の花の花言葉が気になった方は以下もご参考ください♪

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

本記事の参考文献はこちら

タイトルとURLをコピーしました