【バンダの飾り方】切り花を長く楽しむコツ:エルマの花図鑑

こんにちは!

花好きエルマ(@ermaflower.9)です。

今回は妖艶な雰囲気を醸し出している

【バンダ】の切り花管理方法です(°▽°)



スポンサーリンク



バンダの基本情報

学名Vanda
英名Vanda
和名翡翠蘭
(ヒスイラン)
ラン科
ヒスイラン属
(バンダ属)
原産地東南アジア
オーストラリア
花言葉

・優美
・上品な美しさ
・華やかな恋
・身軽
・個性的

温かい気候と湿気を好むバンダは

5〜10メートルほどの高さのある木に住みつき

根を空気中に出した状態で

育ちます。

こういった木や石に住みつく植物を

着生植物(チャクセイショクブツ)といいます。

名前はサンスクリット語の

「バンダカ」からきていて

「まとわりつく」という意味です。

空気を好み、霧など空気中から

水分を吸収します。


バンダの構造

ランの花は基本的に

3枚の花弁(花びら)と

3枚の萼片(がく)によって

構成されています。

花弁のうちの1枚は形が変形し

唇弁(シンベン)といわれています。

唇弁は昆虫が止まりやすいように

進化したものです。


独特な構造をしていますが

ランは植物の進化の中では後発組で、

とても合理的な構造に

なっているそう。

進化の過程で無駄なものを

どんどん省いていって

この形に落ち着いたようです。

おもしろいですね〜(°▽°)



スポンサーリンク



バンダの飾り方

出回る時期通年
(開花期は不定期だが、初夏や晩秋に多い。)
価格の相場約800円〜
水の量3〜5センチ程度の浅水
カット方法斜めにカット
日持ち約14日

バンダは水が汚れやすいので

こまめに水替えをしてください。

基本的には

日持ちがよく長く楽しめる

お花です。

以下は我が家にお迎えしたバンダさんです。

ふわふわのスモークツリーと同系色のトルコギキョウ。ダマスク柄のフラワーベースにいけてみました。
存在感があるので単体でいけてもゴージャス。
バンダは下の花から萎れていきます。痛んだ花を摘んでるのでちょっとこじんまり。水は多めに見えますが、茎が実際に浸かっているのは数センチです。これはちょっと水が濁ってますね。コーヒーも飲みかけだ…(°▽°)
最後は小さめのフラワーベースに!

いかがでしょうか?

摘んだお花は水に張ったお皿に

浮かべてもかわいいですよ♪

皆さまも素敵なバンダライフを!



コメント

  1. […] 【バンダの飾り方】切り花を長く楽しむコツ:エルマの花図鑑 […]

タイトルとURLをコピーしました