アマランサスの花言葉とは?ケイトウに似た赤や緑の個性的な花

アマランサスの花言葉とは?

エルマ
エルマ

アマランサスのには以下の花言葉がついています。

■アマランサスの花言葉
・粘り強さ
・粘り強い精神
・根気
・忍耐
・心配ご無用
・変わり者
・不老不死
・不死
・不滅
・終わりのない愛
ベイビー
ベイビー

「粘り強い精神」や「根気」は、受験や仕事など何かを頑張っている人に贈りたい花言葉ですね!

アマランサスの花言葉の由来とは?

アマランサスは長い間萎れずに花姿を保つことから、西洋では「不死」と「愛」の象徴と考えられてきました。アマランサスのドライフラワーを作りお墓にお供えする習慣もあったそうです。アマランサスが長い間綺麗な花姿を保つことが花言葉の由来とされています。

エルマ
エルマ

学名でもある「Amaranthus(アマランサス)」はギリシア語で「しおれない」という意味を持っています。

スポンサーリンク



アマランサスの基本情報まとめ

学名Amaranthus
英名・Amaranth
・Pigweed
和名・紐鶏頭(ヒモゲイトウ)
・葉鶏頭(ハケイトウ)など
別名・雁来紅(ガンライコウ)→葉鶏頭の別名
ヒユ科
アマランサス属(ヒユ属)
花色、緑など
原産地・熱帯アメリカ
・アフリカ
開花時期8月〜10月
誕生花4月19日

アマランサスはヒユ科アマランサス属(ヒユ属)の総称で、アマランサス属の中では「ヒモゲイトウ(学名:Amaranthus caudatus)」が最も多く栽培されています。

ヒモゲイトウはヒモ状に垂れるケイトウに似た花姿が特徴です。赤色のヒモ状の花穂が個性的で切り花として人気がありますが、古くは食用や染料として栽培されてきました。最近では栄養価の高さからスーパーフードとして再び注目を集めています。

熱帯アメリカやアフリカの原産で、紀元前6世紀頃から栽培されており、日本には江戸時代に観賞用として伝わりました。

ヒモゲイトウの他に、鮮やかに色付く葉が特徴の「ハゲイトウ(葉鶏頭)」や、花が垂れない「アマランサス・ヒポコンドリアクス」という品種も鑑賞用として出回っています。

ベイビー
ベイビー

アマランサス属の植物には名前に「鶏頭(ケイトウ)」とつく品種が多いですが、アマランサスとケイトウは別属の植物です。

鶏頭(ケイトウ)の詳細はこちら↓

ケイトウの花言葉とは?英語名や開花時期など基本情報まとめ
ケイトウ(鶏頭)の花言葉とは? 画像出典:写真AC ■ケイトウ(鶏頭)の花言葉 ・おしゃれ・奇妙・気取り屋・色あせぬ恋・博愛・風変わり・個性・感情的 【英語の花言葉】・foppery(...

スポンサーリンク




まとめ

エルマ
エルマ

アマランサスはいろいろな意味の花言葉がついているので、プレゼントする際はメッセージカードを添えると良いですね。

ベイビー
ベイビー

他の花の花言葉が気になった方は以下もご参考ください!

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

本記事の参考文献はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました