オステオスペルマム(アフリカンデージー)の花言葉とは?ディモルフォセカとの違いを解説

オステオスペルマム(アフリカンデージー)の花言葉とは?

エルマ
エルマ

オステオスペルマムの花言葉は次の6つです。

■オステオスペルマムの花言葉
・元気
・無邪気
・心も体も健康
・健やかな人
・変わらぬ愛
・ほのかな喜び

オステオスペルマム(アフリカンデージー)の基本情報まとめ

オステオスペルマムの画像

オステオスペルマム

学名Osteospermum
英名African daisy
別名アフリカンデージー
キク科
オステオスペルマム属
花色ピンクオレンジ、複色
原産地熱帯アフリカ
開花時期1月~5月、9月~11月
誕生花4月17日

マーガレットに似た花を溢れるように咲かせます。日本で流通しているオステオスペルマム属は、「オステオスペルマム・バーベリエ」「オステオスペルマム・フルティコサム」などを交配させてできた多年草の品種です。オステオスペルマム属は世界で数100種が確認されているほど花色が多く、一年草や二年草の品種もありますが、日本で出回っている品種のほとんどは多年草です。

夜や天気の悪い日に花を閉じる性質がありますが、最近では花が閉じない園芸品種も増えてきています。

エルマ
エルマ

チューリップやアネモネも日光の動きに合わせて花が開閉します。

動く花の詳細はこちら↓

【春の花】見ているだけで癒される動く花。動く姿を自宅で楽しもう。
こんにちは! 花好きエルマ(@ermaflower.9)です。今回は春におすすめの花、 光や温度に反応して動く花をご紹介します♪ 動物のように動く様子は、毎日見ていて飽きません。ですが、全ての切...

スポンサーリンク



オステオスペルマムの名前の由来とは?

オステオスペルマムの画像

オステオスペルマム

学名や属名の「Osteospermum」はギリシア語の「osteon(骨)」と「 sperma(種子)」が語源となっています。

ベイビー
ベイビー

健康に関する花言葉が多いのは花名が由来という説があります。

オステオスペルマムとディモルフォセカの違いとは?

オステオスペルマムの画像

オステオスペルマム

以前は花姿がそっくりな「ディモルフォセカ属(Dimorphotheca)」とオステオスペルマムが混同されていましたが、形態や受粉などの生殖的な違いからNordenstam (1994, 1996) の系統解析により、多年草のものを「オステオスペルマム属」、一・二年草のものを「ディモルフォセカ属(アフリカンキンセンカ属)」に分類するようになりました。

この2種類は近縁で簡単に雑種をつくるため区別が難しく、日本では2種類を区別せずに、どちらともディモルフォセカの名前で流通させていることがあります。

エルマ
エルマ

オステオスペルマムの花色は主に白、ピンク、紫でしたが、ディモルフォセカとの交雑により、黄色やオレンジ色を咲かせる品種も誕生しています。これらの品種は一年草扱いされることもあります。

スポンサーリンク




まとめ

ベイビー
ベイビー

オステオスペルマムには健康的な花言葉がつけられていました!「変わらぬ愛」はプレゼントしたら喜ばれそうですね♪

ベイビー
ベイビー

他の花の花言葉が気になった方は以下もご参考ください。

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

本記事の参考文献はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました