オキザリスの花言葉とは?三つ葉が可愛い喜びの花

オキザリス

オキザリスの花言葉とは?

エルマ
エルマ

オキザリスの花言葉は以下の5つです。

■オキザリスの花言葉
・喜び
・母親の優しさ
・輝く心
・あなたと過ごしたい
・けっしてあなたを捨てません

スポンサーリンク



オキザリスの花言葉の由来とは?

オキザリスの画像

オキザリス

ベイビー
ベイビー

花言葉はオキザリスの性質や見た目からつけられています。

オキザリスの花言葉「喜び」の由来とは?

オキザリスはクローバーのように3枚葉のものが多く、キリスト教では3枚の葉をもつ植物を「シャムロック」と呼び「三位一体(さんみいったい)」の教えと結びつけていました。

【三位一体とは】
1.父(父なる神)
2.子(神の子・キリスト)
3.霊(聖霊)
上記の3つが一体(唯一神)であるとする教えのこと。
エルマ
エルマ

キリスト教の布教にシャムロックを用いて説明していたそうです。

このような背景から花言葉はキリスト教に関連付けられ、イエスの復活から「喜び」の花言葉がつけられたそうです。また、「母親の優しさ」「けっしてあなたを捨てません」の花言葉は、聖母マリアのイエスへの思いとしてつけられました。

ベイビー
ベイビー

オキザリスは雑草のように生命力が強いことから「けっしてあなたを捨てません」の花言葉がついたという説もあります。

オキザリスの花言葉「輝く心」の由来とは?

オキザリスの葉や茎にはシュウ酸が含まれていて、昔の女性はオキザリスの葉や茎をすりつぶして鏡などを磨いていたそうです。このことが花言葉「輝く心」の由来とされています。

花言葉「あなたと過ごしたい」も、オキザリスの葉や茎で鏡を磨くと、鏡に想い人の顔が映るという言い伝えからつけられたそうです。

ベイビー
ベイビー

オキザリスはカタバミの仲間で、花言葉もカタバミと同じような意味をもっています。

スポンサーリンク




オキザリスの基本情報まとめ

オキザリスの画像

オキザリス

学名Oxalis
別名・花片喰(ハナカタバミ)
・オクサリス
カタバミ科
カタバミ属(オキザリス属)
原産地・南アフリカ
・南アメリカ
花色ピンク黄色オレンジ、複色
開花時期種類によって異なる
季語晩春の季語
誕生花3月2日

カタバミ科カタバミ属の植物で、カタバミ属の中で園芸品種として栽培された花の美しいものがオキザリスと呼ばれています。現在は850種類ほど分布しており、それぞれ性質や開花時期などが異なります。

属名の学名「Oxalis(オキザリス)」はギリシア語の「oxys(すっぱい)」が語源で、シュウ酸を含む葉や茎が名前の由来です。

オキザリスは、夜や雨の日には花を閉じて、太陽の日ざしを受けると大きく花を開きます。

エルマ
エルマ

花びらの縁が赤色の「オキザリス・バーシカラー」という品種は花が閉じるとキャンディケインのような見た目になり、2つの花姿が楽しめます。

オキザリス・バーシカラーの花が閉じている画像

オキザリス・バーシカラーの花が閉じている様子

スポンサーリンク



まとめ

エルマ
エルマ

オキザリスには可愛らしい花姿にぴったりな花言葉がつけられていましたね!

ベイビー
ベイビー

他の花の花言葉が気になった方は以下もご参考ください。

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

本記事の参考文献はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました