縁起のいい牡丹(ボタン)の花言葉とは?中国語の花言葉もまとめました!

牡丹(ボタン)の花言葉とは?

エルマ
エルマ

牡丹の花言葉は以下の8つです。

  • 富貴
  • 風格
  • 風格あるふるまい
  • 王者の風格
  • 高貴
  • 壮麗
  • 人見知り
  • 恥じらい
エルマ
エルマ

「富貴」「高貴」の花言葉は、絹のように薄い大きな花びらが幾重にも重なる重厚な花姿から連想してつけられました。

ベイビー
ベイビー

牡丹は中国が原産の花です!中国での花言葉もまとめました。

中国の牡丹(ボタン)の花言葉とは?

【中国の牡丹の花言葉】
・圆满(完全)
・富贵(富)
・吉祥(幸運)
・幸福(幸福)
・雍容华贵(優雅さ)

花名は中国語でも「牡丹」と書きます。読み方は「ムゥーダァン」ですが、中国の北方系では「ボウタン」と読み、この読み方が日本で最初に広まりました。

牡丹の名前は「牡=雄」「丹=赤色」を意味します。牡丹の原種が赤色に近かったことから「丹」がついたとされていますが、「牡」には根拠のある説がありません。

圧倒的な美しさで人々を魅了した牡丹は「花王」「花神」の別名を持ちます。

エルマ
エルマ

日本の花言葉にある「王者の風格」は、牡丹の花名からイメージしてつけられたという説があります。

ベイビー
ベイビー

「ボウタン」という読み方は、俳句の季語でよく登場します!牡丹は初夏の季語です。

季語につての詳しい記事はこちら↓

花の季語一覧!季節を感じる164種類の植物
季語とは、連歌や俳句などで使われる特定の季節を表す言葉のことです。季語の中には「桜」や「紅葉」など花の名前も沢山出てきます。本記事では、切り花やよく見かける花をメインとして、季節ごとに一覧にまとめました。

牡丹の色別の花言葉とは?

ベイビー
ベイビー

日本では牡丹に色別の花言葉はありませんが、中国ではつけられています!

■牡丹の色別の花言葉(中国)

【赤色の牡丹】
富贵(富)、圆满(完全)

【紫色の牡丹】
难为情(恥ずかしい)

【白色の牡丹】
高洁(高潔)、端庄(威厳)、守信的人(信頼できる人)

【ピンク色の牡丹】
雍容华贵(優雅)

【黄色の牡丹】
华贵(豪華)

エルマ
エルマ

花色のイメージと花言葉が合っているように感じますね!

スポンサーリンク



海外での牡丹(ボタン)の花言葉とは?

エルマ
エルマ

英語、フランス語、韓国語の牡丹の花言葉もまとめました。

英語の牡丹(ボタン)の花言葉

■英語の牡丹(Tree peony)の花言葉
・bashfulness(恥じらい、はにかみ)
compassion(思いやり)
ベイビー
ベイビー

花言葉の由来は、花の中心を隠すように咲く牡丹の花姿から連想されたという説と、西洋人の東洋人へのイメージを反映させたという説があります。

フランス語の牡丹(ボタン)の花言葉

■フランス語の牡丹(Pivoine)の花言葉

【赤色の牡丹】
・confusion des sentiments(感情の混乱)
【白色の牡丹】
・régénération(再生)
・sincérité des sentiments(誠実な感情)
【ピンク色の牡丹】
・un amour timide(恥ずかしがり屋の愛)
・sentiment de modestie(謙虚)

韓国語の牡丹(ボタン)の花言葉

■韓国語の牡丹(모란)の花言葉
부귀(富貴)
ベイビー
ベイビー

多少の違いはあるけれど、全体的に同じような花言葉が多いですね!

スポンサーリンク




牡丹(ボタン)が縁起のいい理由とは?

牡丹は古くから「百花の王」とされ、花言葉からもわかるように「幸福・富・高貴・豪華さ」の象徴とされてきました。

また、豊年の前兆となる瑞(めでた)い花、「瑞花」として牡丹は様々な文様で描かれています。

花名である牡丹の「丹」は「赤色」という意味の他に、「不老不死の仙薬」という意味を持ちます。このことから、「不老不死」「不老長寿」を象徴する縁起の良い花とされてきました。

牡丹(ボタン)の基本情報まとめ

学名Paeonia suffruticosa
ボタン科
ボタン属
形態落葉小低木
原産地中国西北部
開花時期4月〜5月

牡丹は中国原産の落葉小低木で、昔は根皮が薬用に使われていました。花姿は芍薬と似ていますが、芍薬は土から直接芽を出す多年草で、牡丹は樹木です。

開花時期になると、本年枝の先端に15~40cm程の大型の花をつけます。

咲き方は一重咲き、八重咲き、千重咲き、万重咲き、獅子咲きなど様々です。一般的には春咲き(4〜5月頃)ですが、寒牡丹という少し小ぶりな秋咲きの種類もあります。

花姿の美しさから「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美しい女性を表す形容詞としても用いられています。

牡丹のことわざについての詳しい解説はこちら↓

ことわざの「芍薬・牡丹・百合」はどんな花?美しさを表現する花達
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」という有名なことわざ。美しい女性を表現するときに使う言葉ですが、ことわざの意味やなぜ「芍薬、牡丹、百合」の3種類の花なのかなど、意外とわからないことが多いことわざです。本記事ではことわざの意味や由来、3つの花について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク



まとめ

エルマ
エルマ

牡丹の花は、花姿に見合った素敵な花言葉ばかりでしたね。

ベイビー
ベイビー

威厳を感じるかっこいい花だね♪

ベイビー
ベイビー

牡丹意外の花言葉が気になった方は以下もご覧ください!

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました