花言葉は誰が考えたの?起源から発展するまでの歴史を国ごとに解説!

花言葉の起源とは?

私が撮影したトルコギキョウ、バラ、アランセラ、カラーの写真
トルコギキョウ、バラ、アランセラ、カラー

花言葉は不明な点が多く、正式な起源はほとんどわかっていません。ですが、一般的にはトルコの「セラム(selam)」という風習が起源だと言われています。

花や果物には詩句がついており、それらを贈ることで相手に気持ちを伝えるという風習をセラムと言います。

当時のトルコ大使の妻であった、イギリスの貴族階級の女性メアリー・ウォトレイ・モンタギュー(1689~1762年)が、友人からトルコ流の恋文について尋ねられ、セラムについて書いた手紙を1718年にコンスタンティノープル(現在のトルコの都市イスタンブールの前身)から送ったことが、ヨーロッパにセラムが伝わるきっかけとなりました。

のちにヨーロッパで流行した花言葉は世界中に知れ渡り、国ごとの歴史や風習にちなんだ独自の花言葉が作られるようになります。



エルマ
エルマ

モンタギュー夫人と同時代に、トルコに亡命中のスウェーデン王シャルル十二世に同伴していたオーブリ・ドゥ・ラ・モトレという人物もヨーロッパにセラムを紹介したという説があります。

花言葉は海を渡って伝えられたんだね!

ベイビー
ベイビー

セラムだと果物にも言葉がついていたようだけど、それは伝わらなかったのかな?

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

そうなの!セラムでは花だけじゃなく、果物や金・銀の糸など、様々な品物に詩句がつけられていたようです。セラムについて詳しく解説していきます。



花言葉の起源「セラム」とは?

セラム(selam)はアラビア語の「satam(あいさつ)」が語源となっていてます。モンタギュー夫人、オーブリ・ドゥ・ラ・モトレ共に、セラムについてほとんど同じ内容でヨーロッパに紹介しています。



モンタギュー夫人がおくった手紙の一部が次の文章です。

ベイビー
ベイビー

「この国では、どんな色にも、花、草、果実、石、鳥の羽にも、それに関連した詩があって、あなたはそれを組み合せることによって、争うことも、非難することも、友情、愛情、儀礼の手紙を書くことも、さらにインクで指を汚すことなしに、ニュースをおくることもできる」

1996年 株式会社平凡社出版 春山行夫【花ことば−上 花の象徴とフォークロア】P19引用



このようにセラムについて紹介したものの、ヨーロッパの人々はセラムが花言葉そのものという印象をもったようです。

セラムとは、その言葉と同じ韻をふむ他の言葉を表現する方法です。

エルマ
エルマ

例えば、「洋梨(armoude)」は同じ韻をふむ「希望(omoude)という言葉を連想させ、これにまつわる慣用句である「私にいくらか希望を与えてください」という言葉を表現することができます。

セラムが起源という説が広まったイギリスでは、「ロマン主義時代の異国への憧れにすぎない」として、この説に反対する声もあるそうです。

ベイビー
ベイビー

モンタギュー夫人の手紙はあまり反響がなく、花言葉が実際に流行り始めたきっかけは、フランス貴族の女性たちだと言われています。

ベイビー
ベイビー



スポンサーリンク



フランスの花言葉の歴史とは?

19世紀初頭に、草花を擬人化した詞華集が貴族サークル内で流行り始めます。草花の性質から恋人の美しさを賞賛したり、不実や裏切りなどを非難するといった恋愛に絡んだ内容で、恋の駆け引きに参照されていたそうです。

そして、上流階級の人向けに花言葉の本が出版され始めます。1819年には現代の花言葉の成立に大きく貢献したとされるシャルロット・ド・ラトゥールの「花ことば(Le Langage des Fleurs)」が出版され、フランス本国で十八版を重ねるほど人気を博しました。

ラトゥールの著作以後は「花ことば」の海賊版が現れたり、花言葉に関する本の出版が続くなど、次第に中流階級から労働者階級まで幅広く浸透していきます。

そして、19世紀後半になると、フランスで花言葉に関する著作はほとんど見られなくなり、花言葉のブームが衰退していきます。

花言葉はフランスで流行り始めましたが、衰退するのもこの地からだったようです。



シャルロット・ド・ラトゥール「花ことば」 の写真はこちら↓



エルマ
エルマ

ラトゥールの「花ことば」はスペインやアメリカで海賊版が出るほど人気が高かったそうです。

恋愛の駆け引きに花言葉を使うってフランスらしい素敵な発想だね♪

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

確かにそうだね!最初にフランスで流行り始めたのも納得だね。

エルマ
エルマ

ちなみに、花言葉関連の本の出版は中流階級の文学的な趣味のある人々によって書かれていることが多く「花に対する人々の感傷的な興味を利用して、利益を出そうとしている」など手厳しい意見もあったようです。


スポンサーリンク



イギリスの花言葉の歴史とは?

近代的な花言葉は、1820年代にフランスからイギリスへ伝わったとされています。ですが、イギリスで花言葉関連の本が一般の人に普及するには、印刷技術の発達と収入面での余裕、植物への関心が必要でした。

イギリスで最初に人気を得た本は、1834年に出版されたフレデリック・ショーベル著の「花ことば」です。この本はラトゥールの花ことばを翻訳した上で、イギリスの実状にあった、一般の人に受けるような内容に変更されています。

その後、次々と花言葉に関する本が出版され、イギリスで花言葉が普及していきました。



1884年に出版された、著名な絵本画家ケイト・グリーナウェイの挿絵入りの「花ことば」もとても反響があったそうです。この本も花言葉の普及に大きく寄与したとされています!

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

ケイト・グリーナウェイの「花ことば」はネット通販で購入できます♪



ケイト・グリーナウェイの「花ことば」のネット通販はこちら↓



アメリカの花言葉の歴史とは?

アメリカで最初に花言葉を普及させたのは、1829年出版のエリザベス・ヴァートの「フローラの辞典」だと言われています。

著者は匿名で「A Lady」とされ、作者はラトゥールの花言葉を読んでいたそうですが、内容はアメリカの植物に合わせていて、内容も大きく変わっています。

その後、続々と花言葉に関する本が出版され、アメリカでも花言葉が普及していきました。



スポンサーリンク



日本の花言葉の歴史とは?

エルマ
エルマ

19世紀末の明治初期に日本へ花言葉が伝わります。1886年出版の「新式泰西礼法」で花言葉が初めて紹介されました。



「新式泰西礼法」はフランスのルーイスダルク女史の著書を、上田金城氏が訳述したものです。

新式泰西礼法では、数十種類の花のもつ意味を解説していまが、花言葉に関する内容は第二十章の「花の礼」のみで、その他の内容も含まれています。

花言葉が1冊の本となったのは、1910年に出版された与謝野晶子(1878~1942年)の「花」が最初になります。詩人の江南文三(1877~1946年)が花言葉について解説し、そこに与謝野晶子の花をテーマにした短歌五十首が収められています。

当時は、輸入された花言葉をそのまま使っていましたが、徐々に日本の風習や神話に合わせた花言葉に変わっていき、現在の花言葉ができました。



エルマ
エルマ

近年は日本独自の新品種ができると、開発者や販売会社が花言葉をつけたり、消費者から募集して命名することがあります。

花言葉は今でも増え続けているんだね!

ベイビー
ベイビー

花にはたくさんの花言葉がついているけど、正式な花言葉ってあるのかな?

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

残念ながら、現時点では花言葉を公式に認定する機関は存在しないのです。花言葉の由来がハッキリしていたり、世界共通のものは信憑性が高いかもね♪

エルマ
エルマ

花ごとの花言葉が気になった方は以下をご参考ください!

花言葉まとめ



スポンサーリンク



まとめ

私が撮影したカラー、秋色アジサイなどの写真
カラー、秋色アジサイなど

花言葉は誰が考えて、どう決めるのか不思議だったけど世界の歴史が知れてスッキリしたよ!

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

花言葉は不明な部分が多い分、推測の話もあるけど、昔の話を知ると今までとは違った見方ができるね!

エルマ
エルマ

今回の記事は、次の2冊の文献を参考にしました。



参考文献:1996年 平凡社出版 春山行夫【花ことば|花の象徴とフォークロア】



参考文献:2004年 八坂書房出版 樋口康夫【花ことば−起原と歴史を探る−】

エルマ
エルマ

花言葉の歴史を詳しく知りたいという方におすすめです!花ごとの花言葉も入っていて読み応えがあります。気になる方はぜひご覧ください♪




コメント

タイトルとURLをコピーしました