トリトニアの花言葉とは?熱烈な意味を持つフリージアに似た花

トリトニアの花言葉とは?

エルマ
エルマ

トリトニアの花言葉は以下の3つです。

■トリトニアの花言葉
・そんなに熱くならないで
・熱烈だが心配
・私の愛は海のごとく

スポンサーリンク



トリトニアの花言葉の由来とは?

トリトニアの画像

トリトニア

トリトニアの花言葉の由来は明確にわかっていません。細い花茎にたくさんの花を連なって咲かせることから、「熱烈だが心配」などの花言葉がつけられたのではないでしょうか。

トリトニアの基本情報まとめ

トリトニアの画像

トリトニア

学名Tritonia
英名Flame Freesia
和名姫菖蒲(ヒメアヤメ)
アヤメ科
トリトニア属
花色オレンジピンク
原産地南アフリカ
開花時期4月〜5月
誕生花6月5日

4月〜5月頃に、スラリと伸びた細い花茎に黄色やオレンジ色などのフリージアに似た形の花を穂状に咲かせます。連なって咲く花はボリュームがあり、花壇に植えると見応えがあります。

トリトニアの名前の由来とは?

トリトニアの画像

トリトニア

学名の「Tritonia 」はラテン語の「Triton(風見、風向計)」が語源となっています。これは、ゆうずい(雄蕊)がいろいろな方向を向いていることが由来です。

ベイビー
ベイビー

ギリシャ神話に登場する海の神ポセイドンの息子「Triton(半人半魚の海神)」が由来という説もあります。

スポンサーリンク




まとめ

エルマ
エルマ

トリトニアには印象的な花言葉がつけられていました。

ベイビー
ベイビー

トリトニアとフリージアは花姿が似ていますが、花言葉は全く違います。

フリージアの花言葉はこちら↓

フリージアの花言葉の由来とは?友情を表す香り高い花
しなやかに伸びた花茎の先に花をいくつも咲かせるフリージア。フリージアは友情と信頼を表す花とされており、花言葉もそのことにちなんだ意味がつけられています。本記事ではフリージアの花言葉やその由来についてまとめました。
ベイビー
ベイビー

他の花の花言葉が気になった方は以下の記事もご参考ください。

花言葉
花言葉をいろいろな方法で検索することができます。花の名前別、花の色別、イベントにおすすめの花言葉、意味の逆引き検索、雑学検索、誕生月の花言葉、海外の花言葉から検索することができます。

本記事の参考文献はこちら

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました