アイリスってどんな花?花の種類や基本情報まとめ!

アヤメ科の植物にはアヤメ、カキツバタ、ハナショウブ(花菖蒲)、ダッチアイリス、シャガなどたくさんの種類があります。アヤメ科の植物の総称を「アイリス」と言います。

本記事ではアイリスの基本情報と花の種類を紹介していきます!



アイリスの基本情報まとめ

学名Iris
英名Iris
和名アヤメ
アヤメ科
アヤメ属
原産地東アジア、ヨーロッパ
開花期4月〜7月頃
(種類によって異なる)

 

学名であるIris(英語読みはアイリス,フランス語読みはイリス)はギリシア神話に出てくる「虹の女神イリス(イーリス)」からきています。

色鮮やかに咲くアヤメ科の植物の花姿は、その名の通り虹を連想させます。

開花期は春〜初夏になります。



スポンサーリンク



アイリスの花の種類とは?

エルマ
エルマ

アイリスの中でも有名な種類は「アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ(花菖蒲)、ダッチアイリス、シャガ」などです。
ひとつずつ紹介していきます♪



アヤメ(菖蒲、文目、綾目)の解説

pixabayから引用したアヤメの写真
画像出典:pixabay
形態多年草
草丈20〜50㎝
花の色白、紫
耐寒性強い
耐暑性強い
エルマ
エルマ

「菖蒲(ショウブ)」と書いてアヤメと呼びます!ややこしいですがショウブとアヤメは全くの別ものです。

アヤメは、花びらの根本に網目模様があるのが特徴だよ♪

ベイビー
ベイビー



カキツバタ(杜若)の解説

wikipediaから引用したカキツバタの写真
画像出典:wikipedia
形態多年草
草丈50〜80㎝
花の色青、紫、白、褐色
耐寒性強い
耐暑性強い

カキツバタは種類が多くありません。花びらの根本に筆でかいたような白い線があるのが特徴です!

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

アヤメとカキツバタの花姿が似ているため「いずれがあやめ、かきつばたという言葉ができました。「いずれも優劣がつけ難いほど素晴らしい」という意味で使われます。



ハナショウブ(花菖蒲)の解説

ハナショウブ見ごろ 城北菖蒲園
動画出典:TOKYO. Iris of Horikiri Shobuen.
形態多年草
草丈50〜80㎝
花の色青、紫、白、ピンク、黄、褐色
耐寒性強い
耐暑性強い
エルマ
エルマ

ハナショウブはアヤメやカキツバタに比べて種類が豊富です。花びらの根本に黄色い筋があるのが特徴です。



ダッチアイリスの解説

wikipediaから引用したダッチアイリスの写真
画像出典:wikipedia
形態球根
草丈40〜80㎝
花の色青、紫、白、ピンク、黄、褐色
耐寒性強い
耐暑性強い

オランダで改良された球根タイプのアイリスです。和名は「オランダアヤメ」で、やや乾いた場所を好みます。お花屋さんでアイリスの名前で出回っている切り花はダッチアイリスが多いみたいです!

ベイビー
ベイビー



シャガの解説

pixabayから引用したシャガの写真
画像出典:pixabay
形態多年草
草丈30〜50㎝
花の色白、青
耐寒性普通
耐暑性強い
エルマ
エルマ

中国原産の帰化植物です。別名「胡蝶花」とも呼ばれています。種子が発生しない植物なので、日本にあるシャガは全て同一の遺伝子を持っています。

花の模様が鮮やかで綺麗だね!アヤメ科は見た目は似ていてもそれぞれに特徴があって面白いね。

ベイビー
ベイビー
エルマ
エルマ

そうだね♪アイリスが見分けられるようになると楽しいかもね!アイリスを見かけたらぜひチェックしてみてください♪



コメント

  1. […] アイリスってどんな花?花の種類や基本情報まとめ! […]

タイトルとURLをコピーしました